TOP

血尿とは

目で確認できる血尿を肉眼的血尿といい、目に見えないのに健康診断などで初めてわかる血尿を顕微鏡的血尿と言います。 健康診断の尿検査で、「おしっこに血が混じっています」とか「尿潜血反応陽性です」などと言われることがあります。
血尿は、身体のどこかが異常を示しているサインの一つです。
痛みを伴う場合、痛みがない場合がありますが、必ず放置せずに泌尿器科を受診してください。

血尿の原因となる病気

  • 膀胱炎
  • 尿路結石
  • 腎炎
  • 腎癌
  • 膀胱癌
  • 腎・尿路外傷
  • など

血尿の検査

尿検査のほかに、まず超音波検査を行います。超音波検査は簡単に行え、痛みも無く、がんや尿路結石の有無など、様々な情報が得られます。もし、超音波検査で何らかの疾患が疑われた場合には、さらに採血、膀胱鏡、CTやMRIなどによる様々な検査を行っていきます。特に肉眼的血尿は重要な病気のサインです。喫煙者で肉眼的血尿があるようなら、膀胱がんなどの疑いがありますので、尿の中にがん細胞が混じっていないか、尿細胞診という検査を行って調べます。また、痛みの少ない軟らかい電子スコープを用いて膀胱の中を観察したりします。
こうした検査を通じて早期に病気が見つかれば、治療の選択肢が広がり、体に負担の少ない治療も可能になります。おしっこをしていて、違和感を覚えたら、早めに泌尿器科で検査を受けましょう。